2017年01月18日

鹿角市発、2月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等 


青森・秋田・岩手県の豆知識:

秋田・大館市の特産品は1、きりたんぽなべ(地鶏「比内鶏」・あきたこまち米を使っての本場の味)、2、曲げわっぱ(秋田杉のまき目が美しい器、国の伝統的工芸品)、3、金銀細工(黄金の町・指輪など大館の新しい工芸品)、4、銘酒(伝統的銘酒がいっぱい。特に北鹿は全国品評会1位、5、比内鶏のくんせい(日本一美味の折り紙つき、酒のさかなに合う)、6、ヤマイモ(全国一のシェアを確保)など。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

鹿角市発、2月の観光見所(東京都へ)

百草園(京王線百草園駅、日野市、紅白梅800本)と高尾梅郷(JR高尾駅、八王子市小仏川沿いの梅林に1万本)、世田谷羽根木公園(小田急線梅ヶ丘駅、紅白梅700本)、    

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
東京都世田谷区の1月、2月のイベント・行事世田谷ボロ市(世田谷1丁目の通称ボロ市通りで12月15,16日と1月15,16日の年4回開催、400年の歴史、約700件の露店商が並ぶ)。羽根木公園の梅まつり(2月中旬〜3月中旬、紅白梅700本が春の訪れを告げる)など。

2月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

鹿角市発、2月の観光見所(埼玉県へ)

両神国民保養地(秩父鉄道三峰口駅、小鹿野町両神、フクジュソウ1万株とローバイ園、ミツマタ園等)、道の駅両神温泉(三峰口駅、食、買い)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
埼玉県・旧両神村の日本一と称するものに1、両神山(標高1723m、当時の村名の元になった山、全国観光地百選に入選)、2、丸神の滝(日本の滝百選に入選)、3、セツブン草自生地(面積2000u)など 

2017年01月13日

大館市発、2月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等 


青森・秋田・岩手県の豆知識:

青森・弘前市の郷土料理に1、じゃぱ汁(タラや野菜の鍋物。みそ仕立てが多い)、2、けの汁(ダイコン等の野菜をさいころ風に刻んで煮込む)、3、ねり込み(サトイモ等野菜の精進料理の一種)、4、貝焼きみそ(ホタテガイに卵・みそを入れて焼く)など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

大館市発、2月の観光見所(茨城県へ)

諏訪梅林(JR常磐線日立駅、1万uに紅白梅300本)と日立おさかなセンター(食、買い)、東海十二景(JR常磐線東海駅、東海村の景勝地散策)、(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
日立市のいわれ。元禄8年9月10日に2代藩主水戸光圀公(水戸黄門)が、神峰山山頂の神峰神社本殿に参拝した際、「朝日の立ち上る光景の遠大なること領内一」と言われたことから、日立の名が出たといわれます。

2月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

大館市発、2月の観光見所(千葉県へ)

昭和の森(JR外房線土気駅、千葉市緑区、シダレ梅や八重寒梅)、九十九里浜(JR東金線東金駅)、いずみ市椿公園(JR外房線大原駅、1500本)と椿の里(いちご狩り)  

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
いずみ市旧大原町の文学作品に関する人物には「若山牧水」(大正6年と8年に大原を訪れ、記念碑の建つ八幡岬の宿に泊まり、75首の歌を詠んだ、歌集くろ土に収められている)と「山本有三」(小説真実一路の舞台になった大原海岸や一路橋などがある)。

2017年01月10日

小坂町発、2月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


青森・秋田・岩手県の豆知識:

岩手・盛岡市の自慢の音に1、チャグチャグ馬コの鈴の音(6月15日不変)、2、夏の夜空にとどろくさんさ踊りの太鼓の音(8月2日〜4日不変)、3、盛岡秋祭り(山車の太鼓の音と音頭、子どもたちの掛け声、9月14日〜16日不変)など。

更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

小坂町発、2月の観光見所(静岡県下へ)

浜松市フラワーパーク(JR東海道線浜松駅、花梅等110種300本、ボタン30株、水仙とナノハナ各5000株)と館山寺温泉(JR東海道線浜松駅、食)、(いちご狩り)等 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
静岡・浜松市のいわれ。浜松の名が登場するのは平安時代、和名抄の中に「波万万津」と記され、「波万」は海浜、「万津」(松)はそこに繁茂する常盤木を表し、このことから浜松の地名が生まれたようです。

2月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

小坂町発、2月の観光見所(山梨県へ)

不老園梅園(JR中央線甲府駅、県随一紅白梅200種3500本)とありあんすの丘・マンモス象牙美術館(JR中央線石和温泉駅)、信玄餅水晶工場(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  2月の観光コース  3月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
山梨・甲府市の日本一と称するものに1、昇仙峡の渓谷美、2、夜空に輝く星(環境庁の「スターウオッチング・・・星空の街」に長野豊科町とともに選定された)、3、貴金属宝飾品加工、4、富士山・南アルプス・甲斐駒・八ヶ岳・茅ヶ岳・金峰山などの山々

2017年01月03日

鹿角市発、1月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

秋田県旧鷹巣町(現北秋田市鷹巣地区)の自慢の音に「4km四方にも届く世界一大太鼓の響き」、また自慢の風景に「新秋田三十景・水と高ェ調和した鷹巣中央公園(桜1000本)」、文学作品に渡辺喜恵子作「みちのく子供風土記」(鷹巣が舞台)など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

鹿角市発、1月の観光見所(神奈川県へ)

鎌倉報国寺(JR横須賀線鎌倉駅、竹の寺)と瑞泉寺(花の寺)、鎌倉宮小町通り散策フラワーセンター大船植物園(JR東海道線大船駅、シクラメン、洋ラン等)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
鎌倉・報国寺の本尊・釈迦如来と瑞泉寺の本尊・釈迦牟尼仏は同意語。「如来」は真理から来れるもの、「牟尼仏」はその真理をさとれるものといわれる。歴史的実在の人物は釈迦尊一人だけ。他の如来(阿弥陀如来、薬師如来等)は釈迦尊の真理(世の中には偶然はない、すべて必然であるの教え)の内容を一般の人々に把握させるため、仏像や菩薩、観音像等の姿、形に表された物といわれる。

鹿角市発、1月の観光見所(伊豆へ)

伊豆山神社(JR東海道線熱海駅)、熱海姫の沢公園(福寿草)と熱海梅園(花梅730本と紅葉)、伊豆三津シーパラダイス(伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅)、戸田ナノハナ畑(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆山神社創立は人皇5代考昭天皇の頃と伝えられ、延喜式神名帳にも火牟須比命(ヒムスビノミコト)神社が当社の事とされ、源頼朝が源氏再興を祈願し、関八州鎮護、関東一円の守護神にされたそうです。境内に楡の木があり、この葉を所持すれば願い事かなうと言われ、男女の中を結ぶほか、交通安全、災難よけ、入学成就の守り神として崇敬。

2016年12月28日

大館市発、1月の観光見所(長野県、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

青森市の四季の風物誌に1、春は桜祭り、2、夏はねぶた祭り、3、秋はリンゴの収穫、4、冬は冬祭りなど。また歴史上の人物に「坂上田村麻呂」(平安時代、えぞ地平定のため津軽に来た征夷大将軍)など。

更新は3日後に、次回は神奈川県、伊豆へ

大館市発、1月の観光見所(長野県へ)

諏訪大社下社秋宮(中央本線下諏訪駅)と諏訪御柱の木落し坂記念碑諏訪湖畔高島城跡(JR中央本線上諏訪駅)、信州野沢菜漬け(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
諏訪大社の祭神はタケミナカタノカミ。オオクニヌシノミコトとヤサカトメノミコトとの間に生まれた子。兄はコトシロヌシノカミ。
水に関係することから湖の神、海の守り神として湖畔や港近くに
祀られることが多い。また東国一の戦神として武家の守り神、さらに農業の神としての信仰も多い。

大館市発、1月の観光見所(山梨県へ)

雲峰寺(JR中央本線塩山駅、武田軍旗、日の丸の旗)、恵林寺参拝(JR塩山駅)、トルマリン工場桔梗屋の信玄餅甲州わさび漬け等(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
恵林寺明王殿の不動明王は大日如来の変身で、全ての悪魔を降伏させるために「怒り」を身に表したものといわれ、左手の縄で「煩悩をしばり」、右手の剣で「煩悩を断つ」といわれます。盤石の下の清らかな水の流れは、人々の悩みを洗い流すという状態を指し、煩悩を断ちたい時にはぜひ参拝を。、

2016年12月22日

小坂町発、1月の観光見所(栃木県、群馬県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

岩手・釜石市の特産品は1、三陸わかめ(濃緑色で柔らかく厚みのある最高級品)、2、干ししいたけ(全国品評会で農林水産大臣賞の良品)、3、南部鼻曲がりサケ(本州一の水揚げを誇り、三平汁・あら汁など料理の種類も豊富)、4、清酒浜千鳥など。

更新は3日後に、次回は長野県、山梨県へ

小坂町発、1月の観光見所(栃木県へ)

タヌキの茂林寺(東武伊勢崎線茂林寺前駅、館林市、分福茶釜発祥の寺)、佐野厄除け大師(JR両毛線佐野駅)、佐野アウトレット(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
栃木・佐野市の春日岡山惣宗官寺(別名、佐野厄除け大師)は
厄除け元三慈恵大師様が如意輪観音を安置し、大師が観音様の御化身と言われたのが始まり。如意輪観音の如意は「思いのまま」を、
輪は「始と終わりのない無限」を表し、厄から吉運へ吉運から厄へと
こだわりなく回転していく自由自在を表している。厄除け、身体安全など。正月大祭には約100万人の参拝客がある

小坂町発、1月の観光見所(群馬県へ)

縁起だるまの達磨寺(JR高崎駅)とだるま工場野生の王国・群馬サファリパーク(上信電鉄上州富岡駅、見、食、買い)、(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
群馬・少林山達磨寺(曹洞宗寿昌派で開創のち黄檗宗に改宗)は1680年に一了居士行者が霊木で達磨大師座禅像を彫刻し祀ったのが始まり。
達磨大師は禅宗の祖とされ6世紀頃の人。インドに生まれ中国にわたり宗山少林寺で9年間座禅を組み(面壁9年の不屈、足が腐ってしまった俗説で、あのユーモラスなだるま人形を生んだといわれる)悟りに達した人。七転び八起き、不屈の精神、目標貫徹、必勝祈願に願かける参拝人が多い。

2016年12月16日

鹿角市発、1月の観光見所(東京都、埼玉県へ)、旅行吉日と記念日等  


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

秋田・小坂町の観光資源に1、十和田湖(水深326.8m、透明度15m)、2、七滝、3、樹海ライン(小坂〜十和田湖を結ぶ観光ルート)、4、発荷峠、5、白地湿原など。また盛んなスポーツにクロスカントリー(スキー)がある。

更新は3日後に、次回は栃木県、群馬県へ

鹿角市発、1月の観光見所(東京都へ)

厄除け西新井大師(東武大師線大師前駅、足立区)参拝と向島百花園(東武伊勢崎線東向島駅、墨田区、寒椿、ローバイ等)、浅草散策江戸東京博物館(JR総武線両国駅)等

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

旅の豆知識
東京足立区・西新井大師のいわれ。弘法大師が関東巡礼の折、悪病に悩む村人達を救わんと十一面観音像を作り、21日間祈祷、すると枯れ井戸から水が湧き出し、飲み、病が治ったと伝えられ、その井戸がお堂の西側にあった事から「西新井」の地名が出来たといわれます。
十一面観音様は東西南北と東南、東北、西南、西北の8つに、天と地の上下2つにプラス自己で十一面を表し、方角を守っている。

鹿角市発、1月の観光見所(埼玉県へ)

秩父三社詣で(秩父鉄道長瀞駅、宝登山神社、秩父市秩父神社三峰神社)と長瀞の岩畳秩父まつり会館(秩父駅)、道の駅はなぞの(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
埼玉・長瀞町の宝登山神社の祭神はカンヤマトイワレヒコノミコト(わが国を始められた神武天皇)とオオヤマヅミノカミ、ホムスビノカミが祀られ火災盗難除け、家内安全、交通安全、商売繁盛、金運招福などの御神徳があるといわれる。

2016年12月13日

大館市発、1月の観光見所(茨城県、千葉県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

青森県の発祥の地として1、リンゴ(ふじは藤崎町、つがる・陸奥・世界一は黒石市など)、2、食用菊(阿房宮は八戸市)。また特産品に1、農産物(リンゴ、ナガイモ、ニンニク)、2、水産物(ホタテ、サケ、ヒラメ)、3、林産物(ヒバ)、4、工芸品(津軽塗)など。

更新は3日後に、次回は東京都、埼玉県へ

大館市発、1月の観光見所(茨城県へ)

笠間稲荷(JR水戸線笠間駅)初詣と茨城県植物園(JR常磐線水戸駅、那珂市、熱帯林温室等熱帯の大自然を紹介)、那珂湊魚のショッピング(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
笠間稲荷の祭神:ウカノミタマノカミは天照大神(アマテラスオオカミ)
の弟・スサノオノカミとカムオオイチヒメノカミとの間に生まれた神で、食物、農業、殖産興業、開運招福、火防の神として崇敬されている。

大館市発、1月の観光見所(千葉県へ)

鋸南町・水仙まつり(江月水仙ロード、市井原桜源郷、JR内房線保田駅)、お花畑和田浦(JR和田浦駅)、高家(たかべ)神社(JR千倉駅、調理の神)、アクアライン海ほたる(いちご狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
高部神社の祭神はイワカムツカリノミコト(尊称:高部神)といわれ、景行天皇が安房の浮島の宮に行幸された折、侍臣のイワカムツカリノミコトが海の魚を釣り上げ、蛤をなますにして差し上げた所、大いに喜ばれ、調理の技をほめられ、膳大伴部を賜り、代々皇室の食事を司るようになった。そこから醤油醸造、調味料の神として祀られる様になったといわれる。

2016年12月09日

小坂町発、1月の観光見所(静岡県下、山梨県へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

岩手県二戸市の日本一と称するものに1、清酒「南部美人」(南部杜氏自醸清酒鑑評会、大蔵大臣賞、東北清酒鑑賞会、全国新酒鑑賞会等で金賞・優秀賞等受賞、第1回全国酒祭り本醸造の部第1位、海外コンクールで8年連続「グランドゴールドメダル」受賞など)、2、「南部せんべい」といわれるものでは全国で生産販売実績第1位など。

更新は3日後に、次回は茨城県、千葉県へ

小坂町発、1月の観光見所(静岡県下へ)

富士山本宮浅間大社(JR身延線富士宮駅、全国浅間分社の総本社)、朝霧高原富士花鳥園(JR身延線富士宮駅、ベゴニア1万株とフクロウ等)、

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース
  
(旅の豆知識)
第7代孝霊天皇の頃、富士山が大噴火。それを鎮めるため浅間大神(アサマオオカミ)をお祀りしたのが始まり。全国にある浅間神社の起源。
祭神のアサマノオオカミ(主祭神)はオオヤマヅミノカミ(相殿神)の子・コノハナノサクヤヒメノミコト(主祭神)と天照大神の孫・ニニギノミコト(相殿神)の間に生まれた子。家庭円満、安産、子安、火難消除、農業、漁業、機械の守護神。

小坂町発、1月の観光見所(山梨県へ)

雲峰寺(JR中央本線塩山駅、武田軍旗、日の丸の旗)、恵林寺参拝(JR塩山駅)、トルマリン工場桔梗屋の信玄餅甲州わさび漬け等(いちご狩り) 

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
   1月の観光コース  2月の観光コース  年間の観光コース

(旅の豆知識)
恵林寺明王殿の不動明王は大日如来の変身で、全ての悪魔を降伏させるために「怒り」を身に表したものといわれ、左手の縄で「煩悩をしばり」、右手の剣で「煩悩を断つ」といわれます。盤石の下の清らかな水の流れは、人々の悩みを洗い流すという状態を指し、煩悩を断ちたい時にはぜひ参拝を。、

2016年12月05日

鹿角市発、12月の観光見所(神奈川県、伊豆へ)、旅行吉日と記念日等 


北東北(秋田・青森・岩手県)の豆知識:

秋田・鹿角市(かづのし)の観光資源に1、国立公園十和田・八幡平、2、湯瀬温泉郷、3、大湯温泉郷、4、観光鹿角ふるさと館「あんとらあ」、5、マインランド尾去沢など。

更新は3日後に、次回は静岡県下、山梨県へ

鹿角市発、12月の観光見所(神奈川県へ)

晩秋から冬にかけての鎌倉花めぐり(JR横須賀線鎌倉駅、長谷観音のローバイ、海蔵寺の椿、瑞泉寺の水仙、報国寺の竹林と竹庭)等、(みかん狩り)

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
神奈川・鎌倉市の自慢の風景は1、稲村ガ崎からの眺望(相模湾・江の島・富士山を一望)、2、光明寺裏山からの眺望、3、和賀江島からの眺望、4、鎌倉山の桜並木、、5、鎌倉十王岩からの眺望など。

12月の旅行吉日と記念日、旅の知っ得情報 (特徴比較等)

鹿角市発、12月の観光見所(伊豆へ)
紅葉の一碧湖大室山さくらの里(JR伊東線伊東駅、桜10月〜6月まで種類ごとに咲く、紅葉も),一碧湖美術館(JR伊東駅),海産物の買物

 行き方はこちらへ
  観光地名クリックで旅行気分も味わえます
  12月の観光コース  1月の観光コース   年間の観光コース

(旅の豆知識)
伊豆伊東市のシンボルの花と木は「ツバキ」(伊東市郊外に多く自生し、温暖な温泉地のイメージに一致。昭和42年8月に市民の公募により制定)など。